ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

~移りゆく季(とき)・水辺の詩~ 中出信昭 日本画展


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2014/7/6
  •  
  •   mixiチェック

■阪神梅田本店


静映 20号 1,296,000円

澄んだ水面(みなも)に映る緑の木々や月。
日本の自然が魅せる静謐な風景を描くのは、滋賀県大津市在住の日本画家、中出 信昭(なかで のぶあき)さん。


秋彩 12号 907,200円

「東北や信州などの、沼や湖のある景色が好きです。対岸の景色が水に映っていたり、透明感のある澄んだ世界を描きたいのです」。


若葉の道 8号 604,800円 

「日本画の顔料は天然のものなので、自然の発色です。鉱物顔料のサラサラ感が自然の風景にマッチしているようです」と中出さん。


春宵の里 6号 453,600円

阪神美術画廊で開催中の展覧会では、緻密でありながら伸びやかな筆づかいの日本画、約35点の新作が並びます。



「家に飾っていただくと、その人と共に生活にあることで、なごめるような作品をと考えています」とおっしゃる中出さん。
「住んでいる人以上に主張しすぎない」やさしい風景画との程良い距離感、ぜひ楽しんでみてください。

■~移りゆく季(とき)・水辺の詩~ 中出信昭 日本画展 <展示販売>
◎阪神梅田本店 9階 阪神美術画廊
◎2014年7月8日(火)まで ※催し最終日は午後5時終了

【展覧会 関連情報はこちら】
Wonderland Wonderland-フシギナオチャカイ 『不思議の国のアリス』鉛筆画作家 村澤 美独 原画展




夏をいろどる涼やかなガラス 「生島 賢 ガラス展」






※Facebookページにジャンプします



※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/08/12更新)