ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

内藤 六郎 陶彩展
Rokuro Naito Exhibition


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2014/9/3
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


秋 扁壷 17×20.6×19.4cm 151,200円

柔らかな色調。マットな質感。
人気陶芸家、内藤 六郎(ないとう ろくろう、1950-)さんの「陶彩」展が今年も阪急うめだ本店 美術画廊で開催されています。

色づく秋が抽象的に描かれた扁壷「秋」。
どこまでもイノセントに、自由に表現された陶彩には、ぬくもりの秋が宿ります。


街 陶板 32.4×36.2×2.2cm 172,800円

20世紀の画家、クレー(Paul Klee、1879-1940)を思わせるような色の組み合わせで構成された陶板「街」。
今展では、これまでの具象的な情景描写に加え、街角や石畳などを抽象的に表現した意欲作が数多く出品されています。


黄色い小鳥 花瓶 径8.2×15.6cm 51,840円

「絵付けに使用する色数がずいぶん揃ってきました。発色の良い鮮やかな黄色など、もう手放せないですね」とおっしゃる内藤さん。
微妙な黄色のグラデーションで描かれた「黄色い小鳥」の花瓶。
研究を重ねる彩色技術の向上により、色彩表現の幅はさらに豊かに。


木立の秋 徳利 径8×10.3cm 34,560円
木立の秋 ぐい呑 径6.5×5.4cm 16,200円

「目指しているのは、クレーや熊谷守一(くまがい もりかず、1880-1977)さんのような素朴な絵の世界を器で表現することです」。
もはや木の葉は描かれない「木立の秋」の器。
陶彩の色合いは、さらにやさしく、やわらかく、忠実な写実から解き放たれ、イノセントな世界へと翼を広げます。



■内藤 六郎 陶彩展 <展示販売>
◎2014年9月3日(水)~9月9日(火) ※催し最終日は午後6時まで
◎阪急うめだ本店 7階 美術画廊

創立120周年記念 深川製磁展 ETERNITY and a MOMENT 永遠と瞬間






※Facebookページにジャンプします



※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/08/04更新)