ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

心はなやぐ晴れの日の器
「末晴窯 西端 春奈 陶のぬくもり展」


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2014/10/23
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


いきもの器 猫椿 幅32×奥行35×高さ23.7cm 140,400円


いきもの器 兎とクローバー 140,400円

兵庫県篠山市にある窯元「末晴窯(すえはるがま)」の三代目、西端 春奈(にしはた はるな)さん。


西端 春奈さん

祖父、西端 末晴(にしはた すえはる)さん、父、西端 正(にしはた ただし)さんに次ぐ三代目の作品は、丹波焼の枠を超えた、華やかな作風です。


茶碗 椿 32,400円

細い釘で丁寧に描かれる釘彫りの器。
「晴れの日の器をテーマに制作しました」と春奈さんがおっしゃる通り、赤い作品が多く、晴れやかな仕上がりです。


花器 栗鼠と文様 64,800円

「自然が豊かな立杭で制作していますので、動物や植物など身の回りにあるデザインをそのままいただきます」と春奈さん。
瓢箪形の穴がくり抜かれた花器には、上部に小さな栗鼠(りす)がいます。


花器 金魚づくし 赤 108,000円

花のつぼみの形をした花器には、たくさんの金魚が美しいグラデーションで色付けされています。


花器 椿と牡丹と金魚 108,000円

存在感たっぷりの卵形の花器。
花を活けない時でも、置くだけで空間が華やぎます。


羊ボンボニエール(蓋物) 各16,200円 

来年の干支、羊のボンボニエール(蓋物)。
梅や椿のモチーフが描かれています。
表情やポーズがそれぞれ違い、どの羊も可愛さ満点!



釘彫り作品を中心に、猫や兎のオブジェ、金魚や草花文の食器まで。
愛らしく華やかな器は手に取ると手放せなくなりそうです。



末晴窯 西端 春奈 陶のぬくもり展 <展示販売>
◎2014年10月22日(水)~10月28日(火) ※催し最終日は午後6時終了
◎阪急うめだ本店 7階 美術画廊

◆素材を生かしたぬくもりの暮らし 関連記事はこちら
▼美しい手仕事の布をまとう秋 「真木千秋 手織布展」







▼デザイナー ヨーガン レール(Jurgen Lehl)の感性が息づく「ババグーリ(Babaghuri)」の新作ストール







※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2019/06/27更新)