ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

「山本 容子 展 アート イン ホスピタル」 スタート!
今、知ってほしいホスピタル・アートのこと


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2015/5/22
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店



銅版画家、山本容子さんが近年新たなライフワークとして取り組む「ホスピタル・アート」。
あまり聞き慣れない言葉ですが、「ホスピタル・アート」とは病院の中のアートのこと。
「山本容子展 アート イン ホスピタル」が阪急うめだギャラリーでスタートしました!



ギャラリー内が病院に見立てられ、待合室や産婦人科、小児科に山本容子さんの作品からふさわしいと思ったものが選ばれ展示されています。


オーヴェルニュの子守歌
和歌山県立医科大学総合周産期 母子医療センター内 新生児前壁面 2013年
アクリル、キャンバス


実際に制作した四つの病院の壁画原画キャンバスも展示されています。
産婦人科に飾られた「オーヴェルニュの子守歌」の前に立つと、やさしい子守歌が聞こえてきそう!



「ジャックと豆の木」、「人魚姫」など、親子がそろって話ができるいくつかの童話を題材にした作品は小児科に。
物語についての会話は大切な時間になることでしょう!



アート イン ホスピタルの絵をはじめて描いたのは中部ろうさい病院特別室の天井画だったという容子さん。
会場では病室をやさしく彩る天井画をイメージした展示も。


犬のルーカス (非売品) 2011年
(BSプレミアム「旅のチカラ」にて制作)


スウェーデンの病院で容子さんが提案した「犬のルーカス」の小さなオブジェも会場に。


ヴィヴァルディ‐green
1999年 ソフトグランド・エッチング、グワッシュ 限定50部 144,720円


もちろん銅版画も多数展示販売されています。
病室でヴィヴァルディが「春」を演奏してくれたら!


ちいさな家(ほるぷ出版:白雪姫より)
1992年 ソフトグランド・エッチング、グワッシュ 102,600円


病院のエントランスにはおとぎ話の「ちいさな家」を。


ねこ(評論社:アポリネール動物詩集より) 1991年
ソフトグランド・エッチング、グワッシュ 102,600円


猫の本を読む、いたずらっぽい猫!


中部ろうさい病院で天井画を描く山本容子さん

容子さんが手がけた病院の事例の再現や彼女がセレクトした癒しの銅版画。
殺風景になりがちな医療環境もあたたかくなりそうな、ホスピタル・アートの今をぜひ体験してみてください!

■山本 容子展 アート イン ホスピタル <展示販売・入場無料>
◎5月20日(水)~5月25日(月)
◎阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリー
※催し最終日は午後6時閉場

◆山本 容子さんが作品の解説をするアート・ツアー
◎5月23日(土)午後1時~、3時~(各回約30分) ※事前申込不要

◆アート イン ホスピタル 関連記事
▼山本容子展 アート イン ホスピタル 今、問いかけるアートのチカラ 阪急うめだ本店】



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る