ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

小林 俊和 南 佳織 ガラス作品展
優しく奏でられるガラスのハーモニー


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2015/6/4
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


小林俊和 「星の願い」 瑠璃鶲(るりびたき) オブジェ 345,600円

自然の中で生きる小さな命。
季節ごとに、うつろう光や風。
四季折々の自然をテーマに自然の姿を映したガラス。
ガラス工芸家のメッカ、富山の工房で制作する小林俊和さん、南佳織さんご夫妻によるガラス作品展が阪急うめだ本店 美術画廊で開催されています。


小林俊和 「樹景」 エナガ オブジェ 540,000円

独自の吹きガラス技法を駆使し、細部までこだわり制作されるガラス。
ご主人の俊和さんは日本の野鳥をはじめ、主に鳥のオブジェ作品を制作されています。


南 佳織 霜細工文様花器 「Departure」 クレマチス黄 302,400円

佳織さんは具象的な花々をモチーフとした作品を制作。
“霜細工文様”と呼ばれる技法を駆使した花器はまるで氷の中にクレマチスを閉じ込めたよう。


小林俊和 「空のむこう」 白文鳥 オブジェ 432,000円

ガラスの中に美しい虹がかかった「空のむこう」。
仲良く寄り添うつがいの白文鳥が愛らしいピースフルなオブジェです。


南 佳織 細工文様花器 「花吹雪」 のばら シジミ蝶 194,400円
径11.6×高さ26.8cm


可憐なピンクののばらのそばに舞う紫のシジミ蝶。
優しく香り立つような空気感。写実的な描写のディテールに魅了されます。


小林俊和 「おいしい果実」 目白と林檎 オブジェ 216,000円
径12×高さ17cm


赤いりんごに留まる可愛い目白(めじろ)。
りんごの丸窓からは小さな花がのぞいています。


南 佳織 霜細工文様 皿 「朝露」 露草 162,000円
幅16.2×奥行き13×高さ28cm


中央は薄氷の上に霜が走っているような表面感の“霜細工文様”。
みずみずしい露草が霜の回りを取り巻く「朝露」。


小林俊和 「薄氷」 椿と目白 オブジェ 194,400円

薄氷に包まれた椿のそばでたたずむ目白。
愛嬌ある白いアイリング、黄色い胸元が印象的な鳥は俊和さんが。薄氷の椿は佳織さんが制作を担当。


南 佳織 細工文様 花器 「風とゆらめき」 アネモネ シジミ蝶 367,200円

そよ風に揺れるアネモネ。
花に引き寄せられるシジミ蝶。
恋人同士のようにロマンティックな情景がガラスに映し出されています。



ガラスに息づく生命や自然のかがやき。
すがすがしく、たおやかに…。
優しく奏でられるガラスの透きとおったハーモニーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

■小林俊和 南 佳織 ガラス作品展 <展示販売>
◎6月3日(水)~6月9日(火)
◎阪急うめだ本店 7階 美術画廊
※催し最終日は午後6時終了

◆暮らしをいろどるアートの楽しみ
▼永松仁美の「楽しき愛しきお誂え」が祝祭広場で!


Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/09/27更新)