ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

色彩が奏でる光の劇場
山口真功 油彩展


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2015/6/10
  •  
  •   mixiチェック

■阪神梅田本店


カーニュ風景 P10号 540,000円 

南仏プロヴァンス地方の都市ニースから程近い海沿いの街、カーニュ・シュル・メール(Cagnes-sur-Mer)。
美しい中世の街並みが広がるこの地をこよなく愛する洋画家、山口真功(やまぐち しんこう、1960-)さん。


オリーブの庭 変形15号 615,600円

カーニュの小高い丘の上、オリーブ畑に囲まれた場所はかつて画家・ルノワール(Pierre-Augustê Renoir, 1841-1919)が自宅兼アトリエとして晩年を過ごしたところ。
今もオリーブが生い茂るルノワールの広大な庭を山口さんが描いた「オリーブの庭」。
木漏れ日や爽やかな風が渡る幸福感に満ちた作品です。


山口真功さん

“色彩のネオ・クラシック”と称される山口さんの油彩画。
今年の4月にも訪れたカーニュは軽井沢と共に山口さんの作品には欠かせない二大テーマ。
「すがすがしい森や透明な空気感を描きたいと思っています」。


鐘楼の見える街角(カーニュ) F8号 432,000円

ルノワールが自宅を構えたことで彼を慕う多くのアーティストたちも訪れるきっかけとなったというカーニュ。
モネ、マティス、ピカソ、梅原龍三郎といった名だたる顔ぶれも生前のルノワールに会いにこの地を訪れたといいます。
訪れる人を優しく包み込む街カーニュ。
「陽光があふれて、きらきらした街なんです。ピンクやブルー、グリーン…いろんな色相が飛び込んできます」と山口さん。


ジュアン・レ・パンの海辺 変形10号 432,000円

南仏プロヴァンスの地中海に面した小さな街、ジュアン・レ・パン(Juan Les Pins)。
あふれる太陽に照らされる砂浜の海辺。
「ジャズフェスティバルが60年くらい開催されている街でもあるんですが、どこまでもまっさおな街なんです!」と目を輝かす山口さん。



まるで音楽のようにメロディアスなタッチで奏でられる色彩のハーモニー。
光かがやく森や爽やかな風が通る街並み。
ロマンティックな光の劇場へようこそ!

■~色彩が奏でる光の劇場~ 山口真功 油彩展 <展示販売>
◎6月10日(水)~6月16日(火)
◎阪神梅田本店 9階 阪神美術画廊
※催し最終日は午後5時終了


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2018/11/19更新)