ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

【予告】進化するWAJIMA NURI
スザーン・ロス 英国から輪島へ うるわしの漆


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2015/8/2
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


“シャドー&ライツ”乾漆 盛り皿 394,200円

阪急うめだ本店で8月5日(水)にスタートする「探訪 夏の能登展」。
注目は、能登の輪島塗を新しいアプローチで制作するクリエーターたちを特集する「進化するWAJIMA NURI」。

1984年に来日、1990年に輪島市内に移り住み輪島塗の制作を続ける英国人漆工芸家、スザーン・ロス(Suzanne Ross)さん。

レースをはめ込み、黒漆を塗り重ねる、乾漆(かんしつ)技法で制作された木の葉形の盛り皿“シャドー&ライツ”。
葉脈を形作る繊細なレースを光が透過し、美しい影も楽しめる器です。


スザーン・ロス(Suzanne Ross)さん

美術とデザインを学んだ学生時代、ロンドン王立芸術院の展示「The Great Exhibition of Japan」できらめく蒔絵や螺鈿が施された豊かな漆の世界に魅せられたスザーンさん。
1990年、輪島県立漆芸研修所の専修科に入学、重要無形文化財保持者の前 史雄らに蒔絵、きゅう漆、沈金を学び、後、重要無形文化財保持者の小森邦衛、大西 勲、川北良造らの薫陶を受けました。
2010年、金沢城兼六園大茶会展にて石川県知事賞受賞。
近年はハワイでやニューヨークでの講演会などフィールドを海外にも広げています。


“Flow”シルバー盛り器 253,800円

外側は銀地。
内側は一貫張りの上から高蒔絵が施された盛り器“Flow”。


ジュエリー
上から)ラピスラズリ帯留め 43,200円
オパールペンダントトップ 86,400円
赤珊瑚チョーカー 118,800円


ラピスラズリやオパール…。
希少な天然素材に螺鈿や金蒔絵などが精緻に施されたジュエリー。


スシ プラッター 64,800円

木の繊維をそのまま生かした「へぎ板」に溜塗りし、平目粉(ひらめふん)をまき、漆を塗り研ぎ出した「スシ プラッター」。
上に盛るお寿司までアートになりそうな板皿です。


根来金蒔絵ぐいのみ 各27,000円

柔らかな曲線を描くフォルム。輪島塗の本堅地(ほんかたぢ)による堅牢なぐいのみは黒漆による下塗りに朱漆塗りを施した根来塗りの技法を駆使。
使い込むことで朱漆が不揃いに摩耗し、景色にさらに深い味わいが生まれます。

伝統的な漆芸の技法と高度に研ぎ澄まされた美意識の融合。
輪島に深く根をおろしたイギリスからの花が今うるわしく咲き誇ります。

■進化するWAJIMA NURI <展示販売>
◎8月5日(水)~8月11日(火)
◎阪急うめだ本店 9階催場
※催し最終日は午後6時終了

◆関連記事
▼大宮静時の手で蘇る合鹿椀、チェーンソーで彫刻される木器


▼進化するWAJIMA NURI



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/06/07更新)