ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

現代ガラスの美 富山のガラス作家展
富山から世界へ広がるガラスアート


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2015/8/19
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店

予告でもお伝えした「現代ガラスの美 富山のガラス作家展」が本日スタート。
阪急うめだ本店「アートステージ」では、さまざまな技法で創作されるガラス作家たちの華麗なる競演が繰り広げられます。


上左から)北村 三彩、森 知恵子「月雫」、森 康一朗「燐」
下左から)北村 三彩「Donguri」、森 知恵子、森 康一朗


どんぐりのカタチからインスパイアされた遊び心あふれるピッチャーは北村 三彩さん作。
森 知恵子さんの、普段の暮らしに自然に溶け込む、空気のようにさりげない可愛い器たち。
イタリアの伝統的な技法を元にした森 康一朗さんの洗練された吹きガラス。


上左から)佐々木 俊仁「時の花」、川辺 雅規、ジョン・ジョンフン「tornado glass」
下右から)佐々木 俊仁、川辺 雅規「虚空」、ジョン・ジョンフン(Jung Jung Hoon)


硬質なガラスにあたたかみを宿す佐々木 俊仁さん。
幾重にも重なるガラスの層が緩やかな立体を形作る川辺 雅規さんの作品。
繊細な二重螺旋が優美な曲線を描くジョン・ジョンフンさんの「tornado glass」。


上左から)松尾 一朝「点々織小箱」、イ・ジュキョン(Jae Kyung Lee)、市川 知也「瑠璃殻」
下左から)松尾 一朝、イ・ジュキョン「Melt the sound」、市川 知也


緻密に構成された淡い色彩が美しい諧調を見せる松尾 一朝さんのガラス。
“とける音”を芸術的に表現したイ・ジュキョン(Jae Kyung Lee)さんの「Melt the sound」。
ひび割れや気泡でガラスの中に“気配”を閉じ込めた市川 知也さんの「瑠璃殻」。


上左から)熊谷 峻、キム・ジュヨン「Flower in water」、境田 亜希
下左から)熊谷 峻「Papier colle」、キム・ジュヨン(Joon Yong Kim)、境田 亜希「stone」


表面に貼り重ねた紙の風合いを趣ある景色として表現する熊谷 峻さん。
濃い色のグラデーションで水に咲く花の生命力を映すキム・ジュヨン(Joon Yong Kim)さん。
一粒一粒のガラスが溶け合う一瞬を柔らかな表面感で表現した境田 亜希さん。

ガラスアートの世界で高い評価を受ける富山の現代ガラス。
多種多様なスタイルであなたの暮らしにも涼やかな彩りを添えてみてはいかがでしょうか。

【出品作家】
富山ガラス工房館長・野田 雄一
安田 泰三、小林 俊和、南 佳織(以上協力出品)
小路口 力恵、小島 有香子、森 知恵子、森 康一朗、松尾 一朝

富山ガラス工房所属
市川知也、川辺 雅規、北村 三彩、熊谷 峻、境田 亜希、佐々木 俊仁

韓国作家
Jae Kyung Lee(イ・ジュキョン)、Joon Yong Kim(キム・ジュヨン)、Jung Jung Hoon(ジョン・ジョンフン)


■現代のガラスの美 富山のガラス作家展 <展示販売>
◎8月19日(水)~8月25日(火)
◎阪急うめだ本店 9階「アートステージ」
※催し最終日は午後6時終了

▼現代のガラスの美 富山のガラス作家展



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/06/05更新)