ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

2015年 歳末美術展 [陶芸編]


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2015/12/19
  •  
  •   mixiチェック

■阪神梅田本店

年末恒例の「歳末美術展」が今年も阪神梅田本店の8階催場でスタート!
人気の陶芸も文化勲章受章作家をはじめ国の重要無形文化財保持者作品を中心に出品されています。


荒川 豊蔵 「絵志野茶碗」 径14.2×高さ9.1cm 6,480,000円

茶陶として使われた志野の復興・再現に成功し、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された志野で最高峰の陶芸家 荒川 豊蔵(あらかわ とよぞう、1894-1985)。

傾げたような造形、志野の白さと胎土の緋色(ひいろ)に温かみを感じます。


十四代 酒井田 柿右衛門 「濁手三方割花文花瓶」 径29×高さ25cm 3,024,000円

代々の柿右衛門が大事に守り育てつづけてきた美しく豊かな表情をもつ濁手(にごしで)の「白」。
繊細な草花の中に色落とされた鮮明な赤が、滑らかな白を引き立てています。


河井 寬次郎 「呉須辰砂花扁壺」 径13.6×10.6×高さ20.2cm 3,888,000円

近代民芸を代表する陶芸家 河井 寬次郎(かわい かんじろう、1914-1966)。
大正9(1920)年、現在の記念館の地、五条坂に窯を持ち独立。
一つ所に留まることなく常に新しい表現を求め続けた力強さと、素朴な美しさが調和した作品「呉須辰砂花扁壺」。


十四代 今泉 今右衛門 「色絵吹墨つつじ文花瓶」 径26×高さ32.5cm 2,484,000円

2014年、陶芸家としては最年少の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された十四代 今泉今右衛門。意欲的に作品づくりに励み、高い品格と格調ある現代の色鍋島を創り出しています。花の赤の発色と、まわりの雲地紋とのバランスが美しい、十四代の緻密で丁寧な創作を表す吹墨の一品。


■2015年 歳末美術展 <展示販売>
◎12月16日(水)~22日(火)
◎阪神梅田本店 8階催場
※催し最終日は午後6時終了


【関連記事】
▼2015年 歳末美術展 [洋画編]


▼2015年 歳末美術展 [九谷焼 米久和彦 特集]


▼2015年 歳末美術展 [日本画編]



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/08/08更新)