ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

砧青磁の気品を今に伝える「初代 諏訪 蘇山」


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2015/12/23
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


青瓷 紅魚 花瓶 径14.1×高さ27.4cm 1,944,000円

青磁を得意とし、1917年、帝室技芸員を拝命された陶芸家、初代 諏訪 蘇山(すわ そざん、1852-1922)。
帝室技芸員は1890年から1944年の55年間のみ存在した皇室による美術作家の保護と制作の奨励制度。中でも陶芸部門の作家はわずか5人しか存在せず、初代 諏訪蘇山はその貴重な5人の内の一人でした。


青瓷 桃 水柱 1,296,000円

中国最古の磁器である青磁の中でも龍泉窯(りゅうせんよう)で焼かれた「砧青磁(きぬたせいじ)」は宋時代より珍重されました。
初代 蘇山はこの色合いを復元するため、1882年以来、数百回の試し焼の末、1907年にその偉業を成し遂げています。


陽變 天目茶碗 「銘 旭」 702,000円

青磁、白磁、彩磁をはじめ、窯変や釉薬の研鑽に努めた初代 蘇山。
こちらは内側に輝く旭を抱く端正な「陽變 天目茶碗(ようへん てんもくちゃわん)」。


倶利 香合 「青磁地」 378,000円

青磁地の上に倶利(くり)彫りが施された格調高い香合にも、初代 蘇山の比類なき多才さが伺われます。


色絵 踊人形 1,620,000円

淡く澄んだ色調の青磁から、絢爛たる色絵まで。
初釜に、新年の床飾りに。
気品あふれる名品で新年の幕開けを飾ってみてはいかがでしょうか。



■初代 諏訪蘇山展 <展示販売>
◎12月23日(水・祝)~28日(月)
◎阪急うめだ本店 7階 美術画廊
※催し最終日は午後6時終了



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2018/10/21更新)