ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

新たな李朝陶磁へ 白の挑戦
小川 哲男 作陶展


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2016/3/3
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


絵刷毛目壺 
幅29×奥行き29×高さ30cm 378,000円


粉引(こひき)、刷毛目(はけめ)、三島(みしま)。
16世紀、李朝時代中世の朝鮮で生まれたこれらの手法を九州の土で長年追究し、新たな李朝陶磁への挑戦を続ける日本工芸会正会員の陶芸家、小川 哲男(おがわ てつお、1955-)さん。


小川 哲男さん

阪急うめだ本店 美術画廊に来廊されていた小川さんは大らかで優しい物腰の紳士。
お人柄がそのまま作風にあらわれているようです。


灰釉鉄彩偏壺
幅21×奥行き15×高さ23cm 216,000円


九州の土で化粧した上に、自然の鉄を施した「灰釉鉄彩」。
高温で焼成され、少し黄味がかったあたたかみのある白です。


刷毛目水指 216,000円
刷毛目茶碗 75,600円


刷毛で白土を塗り、刷毛目を残し、さらに透明な釉薬をかけた「刷毛目」。


粉引壺 216,000円

粉を吹いたように白いと言われたところから名づけられた「粉引(こひき)」。
褐色の素地の上に白化粧土が施されています。


三島組鉢 64,800円

灰色の素地に細かい文様を型押しし、その部分に白土を象嵌した後、透明な釉薬をかけて焼成する「三島」。
使い込めばまた、さらに深まる味わい。



すべてを覆い尽くすような、おおらかな白。
ぬくもりあふれる風合いで暮らしを柔らかくいろどってみてください。

■小川 哲男 作陶展 <展示販売>
◎3月2日(水)~8日(火)
◎阪急うめだ本店 7階 美術画廊
※催し最終日は午後6時終了

※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2019/11/14更新)