ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

小田切 健一郎 「木と漆の仕事」展
テーマは「祈り」「飾る」


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2016/4/28
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


たも拭漆前開飾棚 
810,000円


うっとりするような、つややかな拭漆(ふきうるし)。
阪急うめだ本店 美術画廊で工芸家・小田切 健一郎(おだぎり けんいちろう)さんの記念すべき第1回目の個展が開催!
「祈り」そして「飾る」をテーマに、作品約60点が出品されています。


小田切 健一郎さん

小田切さんは1970年、兵庫県川西市生まれ。
1991年、飛騨国際工藝学園卒業。1992年、森林たくみ塾卒業。
1994年より宮崎にて矢澤金太郎氏に師事。
1998年には同じく工芸家の妻、裕美さんと滋賀県高島市で「木用美工房(もくようびこうぼう)」を築房しました。
個展会期中は連日、小田切さんは来廊される予定です。


松拭漆輪花月映水盤
162,000円


輪花形の水盤の内側に映ずる月。
拭漆を施した後、ブロンズの粉で満月を表現。
水の中にお月さまを映すという趣向がなんとも粋に感じられます。


朱黒漆巴刳箱
64,800円


朱と黒のふたつ巴の刳箱(くりばこ)。
朱にはキャンディー、黒にはチョコレートをこっそり入れておきましょうか。


朱漆真鍮賽切面小箱 43,200円
欅拭漆真鍮賽切面小箱 37,800円


何を入れようか考えるだけでワクワクする愛らしい小箱たち。
あなたは欅拭漆。私は朱漆。
それぞれの宝物をしのばせて。


黄檗拭漆遺影台
42×190×40cm、200×60×190cm
86,400円


いつまでも一緒、の思いを込めて。



いつもの棚に季節を飾る。
小さな箱に昨日までの自分をつめ込んでみる。
愛着の持てるひと品を暮らしに加えてみてはいかがでしょうか。

■小田切 健一郎「木と漆の仕事」展 <展示販売>
◎4月27日(水)~5月3日(火・祝)
◎阪急うめだ本店 7階 美術画廊
※催し最終日は午後6時終了

【アートな催し関連記事】
▼河井 久・一喜 父子作陶展 受け継がれる民藝の技とあたたかみ


▼この男がジブリを支えた! 日本屈指のアニメーター 近藤喜文展


▼~歴史と伝統の流れを今日に~ 現代スペイン絵画展


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2018/09/23更新)