ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

「瀬戸本業窯 水野 半次郎 作陶展」
使った分だけ大切になる器


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2016/8/4
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


あめ釉しのぎ大皿
129,600円


約250年に渡り、作り継がれた「瀬戸本業窯(せとほんぎょうがま)」。
鎌倉以来の伝統を伝える、本業窯は瀬戸にいきづいた陶器の手仕事。
七代・八代 水野 半次郎(みずの はんじろう)さん親子による、瀬戸本業窯の作陶展が阪急うめだ本店 美術画廊で開催されています。


赤三彩入れ子片口11段
324,000円


瀬戸本業窯といえば、まず思い浮かぶのが人気の「入れ子片口」。
赤三彩にいろどられる、こちらの入れ子片口は何と11段!
こんなにサイズバリエーションがあると、何を盛ろうかとワクワク。
毎日のお料理が楽しくなりそうですね。


六代半次郎作 染付ぶどう壺
162,000円


会場では六代 半次郎さんが制作した貴重な作品も出展。
闊達な筆で器全体にぶどうが描かれた壺から、六代の温かな人柄までもが伝わってきます。


とくさ水指
64,800円


青と茶二色で彩色された、とくさ。
まっすぐに伸びる手描きの線条が爽やかな水指です。


三彩招き猫 
24,840円


愛嬌たっぷりの表情で幸運を招く、招き猫。
そばに置くだけで、ほっこりするような雰囲気に癒されます。


いらぼ印花大皿 
64,800円


素朴な釉調の伊羅保釉の素地に、二種類の印花文が華やかに施された大皿。


左)麦藁手片口4寸 6,480円
右)とくさ片口4寸 6,480円


茶色の麦藁手に、青色のとくさ文。
使い勝手の良い片口はソースやドレッシング入れとしてはもちろんのこと、盛り鉢としても。


緑釉牡丹紋輪花皿6寸
各5,400円


「緑釉(りょくゆう)」は後に「織部(おりべ)」へと発展。
こちらは彫物などの濃淡を生かした総織部が味わい深い輪花皿です。


三彩一輪挿し
19,440円


いつまでも「人とともにあるうつわ」を目指して作られる「本業窯」の器。
使えば使うほど味わいを増し、愛着が深まる器で生活を豊かに彩ってみてはいかがでしょうか。




■瀬戸本業窯 水野 半次郎 作陶展 <展示販売>
◎8月3日(水)~9日(火)
◎阪急うめだ本店 7階 美術画廊
※催し最終日は午後6時終了


【アートな暮らし 関連記事】
▼「オールド・バカラ 作品展」 アール・ヌーボー期の精緻な輝き 阪神梅田本店】



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/06/02更新)