ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

木村 圭吾 日本画展 万象の彩り


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2017/3/7
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


「桜花爛漫滝桜」
30号


満月を背に今を盛りと咲き誇る桜。
幽玄さを湛えた桜の老樹の生命力が画面から艶やかに伝わる「桜花爛漫滝桜」。

自然が奏でる“命”に畏敬の念を抱き、そこからわき起こるエネルギーの輝きを描き出す、日本画家、木村 圭吾(きむら けいご)さん。
木村さんは1944年京都府深草生まれ。
中学生時代から画家を志し、山村眞備に入門。
1963年京都市立日吉ヶ丘高等学校(旧京都市立美術工芸学校)日本画科卒業後は山口華楊(やまぐち かよう、1899-1984)に師事。
2003年には「木村圭吾さくら美術館」を静岡県長泉町に開館も2008年に惜しまれつつ閉館。
その間、美術館には全国から多くのファンが訪れました。


「黄龍凱旋」
20号
 

いかめしくも神々しい姿で凱旋する黄龍。
黄金色に輝き、力強いエネルギーが横溢します。

命あるものの尊いきらめき。
壮大な夢を育む万象の彩りをご高覧ください。

■木村 圭吾 日本画展 万象の彩り [展示販売]
◎3月8日(水)~14日(火)
◎阪急うめだ本店 7階 美術画廊
※催し最終日は午後6時終了

◆作家在廊予定
◎3月8日(水)~10日(金)

◆アートな暮らし 関連記事
▼【動画付き】コンコースウィンドーは最旬モード 『PLAY! PLAY!PLAY!』HANKYU FASHION WEEKS


▼第12回 大阪アジアン映画祭 大阪発。日本全国、そしてアジアへ!


▼『PLAY! PLAY! PLAY!』 春を彩るアート! 英国発「エマ グリーンヒル」のスカーフ


▼『PLAY! PLAY! PLAY!』 ミラノ発アートな「キンロック」のスカーフで街に出よう!



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/05/30更新)