Q&A

配属先やキャリアについて

最初の配属先や、その後の異動先はどのように決まりますか?

入社2年目の本配属前に、配属前面談が行われ、ご本人の希望や適正を考慮して、配属先が決まります。部門毎に要員計画があるため、全員が希望通りの配属とはいきませんが、2~3年に1回ジョブローテーション(異動)の前に行われる人事面談や毎年行われる自己申告制度を利用して、自分の希望の配属先やキャリアプランについて、会社に発信することが可能です。

入社後最初の配属先は店頭のみですか?また、店頭ではどんな仕事をしますか?

初めの1年間は新入社員研修として、複数の売場にて販売実習を経験し、その後およそ2~4年間は店頭営業部門での勤務となります。店頭営業での仕事は接客だけでなく、売場展開計画立案、バイイング(商品買い付け)業務、コトコトステージ(イベント)の運営、SNSによる集客の仕掛け作りなど、業務領域は多岐に渡ります。まずは、最前線で顧客志向や商品が売れる原理を学び、そこで得た経験・知識をその後のキャリアに活かしていきます。

転勤はありますか?

入社後は関西エリアで勤務をスタートします。関西を中心に本支店を持っていますので、主に関西圏内での異動が中心ですが、東京や博多、中国など店舗がある他エリアへの転勤の可能性はあります。しかし、数年後には関西へ戻ってくるルールとなっていますので、長期的に見れば、関西で勤務している期間の方が長くなります。(福岡エリア限定正社員をのぞく)

百貨店の仕事について

接客業の経験がなくても、百貨店で働けますか?

初めから上手に接客できる人はいません。接客業のアルバイト経験がある方でも、百貨店での接客となると必ず戸惑います。そのため、まずは入社後3週間、座学で百貨店の接客における基礎の部分を学びます。その後、実際に売場実習で実践しながら、1~2ヶ月に一度行われる販売研修にて、プロの百貨店人に求められるコンサルティングセールスのテクニックの基礎を1年間かけて学んでいきます。全く接客経験がなくても、しっかりと教育体制が整っていますので、安心してください。

理系でも活躍できる部署はありますか?

もちろん、あります!百貨店というだけあって、扱っている商品から仕事内容まで多岐にわたります。また、百貨店はモノやコトを通してライフスタイルを提案しているため、自分の興味関心をすぐに業務に活かすことが出来ます。ですので、ご自身の研究分野や興味関心、得意なことを活かせる仕事が必ず見つかります。実際に、大学では理系学部を専攻していた社員が、商品部門やデジタル部門などで活躍しています。

勤務中の服装に制限はありますか?

売場の特性によって、スーツでの勤務や私服勤務、制服勤務などそれぞれです。売場の商品を必ず着用する必要はありませんし、女性の場合ですと、必ずヒール着用といった決まり等もありません。
ただ、清潔感と一目で好感の持てる身だしなみは求められます。
また、当社では「セルフビズ」が導入されており、TPPO(時間、相手、場所、機会)に即した自由な服装が認められています。

休日や福利厚生制度について

年末年始やお盆でも百貨店は営業していますが、休みはちゃんと取れますか?

基本的に週休2日制です。店頭営業部門はメンバーと交代で休日を取ります。また、土日は絶対に休めないと思われがちですが、前月に休み希望を提出できます。商品・スタッフ部門は1週間のうち日曜日(定休)+1日を自身の業務都合に合わせて休日にし、休んでいます。その他、半期に1回(年に2回)、8日間連続のリフレッシュ休暇の取得が義務付けられています。この休暇を利用して、旅行代の安いオフシーズンに海外に行く社員が多いです。また、大切にしたい記念日など、自分にとって特別な日に休みを取れるアニバーサリー休暇も取得できます。その他の休暇について詳しくは、ワーク&ライフサポートのページをご覧ください。

女性の活躍をサポートする仕組みはありますか?

結婚や出産など、女性のライフステージの変化に合わせた働き方をサポートする制度が整っています。国の定める期間よりも長く設定された産前産後休暇や育児休職はもちろん、復職後もお子さんや家族との時間を大切にしながら無理なく働けるよう、短時間勤務制度も用意しています。こうした会社の制度を利用して、仕事とプライベートを両立しながら働く女性社員が数多く活躍しています。産休や育休について詳しくは、ワーク&ライフサポートのページをご覧ください。