トップメッセージ / 求める人材像について / 採用メッセージ

人事室長メッセージ REQUIRED TALENT 求める人材像

人事室長メッセージ REQUIRED TALENT 求める人材像

次世代の感性とともに

百貨店として進化し続けたい

執行役員 人事室長桑山 美穂
入社後、婦人服売場に配属。商品部でバイヤーを経験した後、郊外店のMD(商品政策)に携わる。
千里阪急、川西阪急の店長を経て、2013年、(株)阪急ウェディングの社長に就任。2016年4月より現職。
意欲的で好奇心旺盛な人
百貨店の仕事は一言で言えば、お客様に新しい生活モデルを提案することです。
人や暮らしへの関心があって、目の前の人を喜ばせたいというサービス精神や、モノや体験に好奇心旺盛であることが必要不可欠です。
どうすればもっとお客様に満足してもらえるだろう、お役に立てるだろうと考えを巡らせ、仮説を立て試行錯誤を繰り返しその答えを探し続けます。
その答えに近づき、自らの提案が快く受け入れられた時の嬉しさは何物にも替えられません。私自身、涙が溢れるほどの感動体験を仕事を通して
何度かしてきました。社員一人ひとりが一途にお客様のことを考え、意欲的に学び、挑戦をし続け個人として成長することが企業としての発展に
繋がると考えています。
常に挑戦を続け、
地域社会になくては
ならない存在に
阪急阪神百貨店には、エリアのお客様に寄り添い、ともに歩んできたからこそ築きあげることの
できた顧客基盤という優位性と、地域一番店というお客様からの信頼があります。
常に「新しいモノ・他にないコト」を「いち早く」ご提供しようと飽くなき追求を続けてきました。
「阪急」「阪神」というこれまで培ってきたブランドへの期待に応えるため、ナンバーワンを目指した
チャレンジを日々続けています。これで終わりという完成はなく、多様で変化するニーズに真摯に
向き合うことで、地域社会になくてはならない存在であり続けたいと思っています。
新しい百貨店モデルの創造
百貨店における新たな価値創造とは、商品や売場、イベントといった目に見える「モノ」や「コト(体験)」に
対してだけではありません。もっと広い意味でお客様の新しい生活モデルを提案できるよう既存の枠組みを
超えた新たな仕組みや仕掛けを創造していくことです。
リアル店舗とネットの融合、地域の生活情報発信基地としての新たな店舗モデルの構築など、これまでにない
進化系百貨店にどんどん挑戦をしていきます。
そのためにも皆さんのような次世代の持つ感性やアイディアが不可欠だと考えています。
人を喜ばせることに情熱があり、自らのアイディアで社会に役立っていこうと意欲的にチャレンジのできる
そんな人たちとともに次なるステージを目指していきたいと考えています。